美容ライターになる為にクラウドソーシングを利用しなかった理由

美容ライターになるには

美容ライターになろうと思ったときにランサーズやクラウドワークスといったサイトを利用して実績を作ろう!とみなさん思うかと思います。

私も色々調べたところ、そちらから低単価で受注してコツコツ実績を積み上げていくのがどうやらいいらしいと言うのを聞いて、登録して案件を眺めてました。

ライターといってもいろんな仕事があるんだなぁと勉強になりましたが、未経験からとなると案件はかぎられてしまってなかなか前に進めずにいました。

それと同時進行に美容Webメディアに応募しまくっていたのですが、そちらではやはり「実績」が必要で、ことごとくスルーされていたんですね。

でもいろんな求人見てて思ったのが、同じ実績とはいえ「クラウドソーシングでの実績」と「美容ライターとしての実績」って違うんじゃないかな?って思ったんです。

美容ライターとしての実績は、自分の名前で掲載されていて美容Webメディアでの書き方が或程度わかる人が求められている。

と思った時にクラウドソーシングで実績積むのって果てしないな。って短気の私は思ってしまったんです。

もちろんクラウドソーシングで稼いでる方も楽しく活躍されてる方もいます。

でも私の目的は、自分の名前が掲載された記事が有名な媒体で掲載されて認知度を高めたい。なるべく早く。笑

だったのでクラウドソーシングを利用せず、どこでもいいから自分の名前で掲載してくれる媒体を探すことにしました。

おかげさまで短期間で美容ライターになれたわけですが、やはりこの実績が1つでもあると強いなって未だに思います。

そんな経験ができたことで講座も開催し、私の経験を聞きたいと言ってくださる方に出会えたので自分の強みとして精一杯協力させていただきたいと思っています。

そんなわけで、クラウドソーシングを利用するかしないかは人それぞれにはなってしまいますが、自分のしっくりくる方を選んでみてください(^^)

natsu

14,290 views

元美容部員、エステティシャンとして勤め美容業15年目。集客、販売力で表彰され2000人以上のお肌のお悩みに関するアドバイスをするなど実績を残すも、仕事ファー...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。