テストライティングで合格するためにやっておくべき3つのポイント

美容ライターになる方法

webライターの仕事をする上で誰もが通る道、「テストライティング」

テストライティングに受かれば継続してお仕事をいただけますが、落ちたらせっかく書いたテスト記事も買い取ってもらえないことが多いです。

そのため、緊張するしうまくいかなければどん底に落ちるのはしょうがないこと!

でもせっかくなら、合格して安定した収入を得たいですよね。

そのために、今回はテストライティングに合格するためにやっておくべきことをお伝えいたします!

マニュアル通りに作成する

マニュアルがある場合は、マニュアルに通りに作成してください。
マニュアルがしっかり作られているクライアントさんの場合はその通りに仕事をしてくれる人を求めます。
すごく当たり前のようですが、当たり前にできる人は僅かです。
まずは、約束をきちんと果たせるwebライターとして信頼してもらいましょう。

メディアについて調べる

マニュアルがあってもなくても、メディアに記事を書くことを想定したテスト記事が望ましいです。
そのため、メディアについて調べておく必要があります。

たとえば
・ビジョンやミッション
・読者の年齢層
・人気の記事
・トーン&マナー(記事の雰囲気)
それらを調べないとメディアに必要な記事が書けませんので、事前に書き出してまとめておきましょう。

トレンドを調べる

テストライティングに限らず、社会の流れを把握しておくことは必要です。
webライターとして、常に情報はアップデートしておきましょう。

その上で
・業界で注目されていること
・他のメディアが取り扱っていること
・記事のスタイル
・センシティブに取り扱われていること
これらを書き出してみて、他のメディアや社会の流れから今必要な情報を把握し執筆に活かしましょう。

事前に情報を集めておくことが記事を早く書くコツでもあるので、今回はテストライティングに限らずwebライターとして癖づけておくと今後の活動がスムーズかと思います。
また、自分の記事だけを一生懸命見るだけでなく、視野を広げて求められていることを見つけることもwebライターの仕事だと思っています。

natsu

28,397 views

「ママでも変われる美容とキャリア」をテーマに多数Webメディアにて執筆してます。 ▷美容メディア「MARLEE.web」運営 ▷日経xwomanで子育て×キ...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。