仕事が途切れない美容ライターになる方法♡

美容の発信方法

オンラインで活動する美容ライターになるには、実績を積んでスキルアップしていくことがポイントです。

しかし、「仕事がなかなか増えない!」と感じている美容ライターさんも多いかと思います。

そこで!今回は「仕事が途切れない美容ライター」になるための2つのポイントをご紹介します🌼

ポイント①普段の投稿内容に気を付ける

実は、オンラインで仕事を依頼するクライアントさんは、「依頼する人がどんな人なのか?」と、SNSの投稿をチェックする方が多いのです!

そのため、仕事の愚痴やネガティブ投稿ばかりだと信用を失う恐れがあります。

たとえば、Xで編集者さんの悪口や報酬の安さ、ライター仲間への批判などを書いているライターさんをよく見かけますが、SNSはクライアントさんが仕事を依頼してくれる場でもあるので、少し意識した方がよさそうですよね。

もし、愚痴やネガティブを吐き出したくなった場合はノートなど誰にも見られないところで書き出すか、SNSの場合は前向きな発言を最後に加えて投稿するなど「クライアントさんから見られてもいい内容」を心がけるのがおすすめです!

ポイント②美容の表現に気をつける

SNSで美容の投稿をされている方は多くいらっしゃいますが、正しい表現で伝えられる方は少ないように感じます。

たとえば「デパコス級」「プチプラ」などよくみるキャッチーなキーワードですが、クライアントさんからの依頼でコスメの紹介をするときに、「デパコス級」「プチプラ」の表現が失礼にあたる場合があります。

また、「デパコス級」などもわかりやすい表現に見えますが、人によって「デパコス」のイメージが異なるので、誰もがイメージしやすい具体的な言葉で表現することが大切です。

SNSで美容の投稿をしている方、もしくはやってみたいと思っている方は、何気なく使っている美容の表現を変えるだけで仕事の受注アップに繋がりますよ!

しかし、何が正しい表現なのかがわからない方も多いかと思い、【美容専門家のための言葉ガイド一覧表】をプレゼントとして作成しました!

こちらは、美容ライター通信講座や個別コンサルの早期特典としてお渡しさせていただいております。

ご希望の方はこちらをチェックしてくださいね♡

中村 菜月

41,499 views

「家でオシャレに働く」をテーマに多数Webメディアにて執筆してます。 ▷美容メディア「MARLEE.web」運営 ▷日経xwomanで子育て×キャリアの情報...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。