美容家なるために必要な「コラムの書き方3つのポイント」

美容家になる方法

コラム執筆のために、20商品以上の毛穴ケア商品を使用したら毛穴の黒ずみがなくなりすぎて検証しづらくなったナカムラです。

さて!

今回は、コラムの書き方についてご紹介します✨

その前に、webライターのお仕事についておさらいしますが
webライターの仕事は「読者の悩みを解決すること」が本質です。

そのため、読者目線で読者の知りたい情報を正確に伝えます。

一方、コラムは執筆者の主観が含まれます。

これって、なんだか楽そうに感じません?

「これ、よかったよー、おすすめだよー」って感じのこと書けばいいんでしょ?
って思うかもしれませんが、これは「感想文」になります。

では、コラムでは何を書けばいいのか?
ちょっと分かりやすく方程式にしてみます。

コラム=執筆者の価値×企業が伝えてほしいこと×読者が知りたいこと

この3つのポイントを踏まえて記事を作成するのです。

ここで言う企業は、直接お仕事のやり取りをおこなっているクライアントさんだけでなく、メーカーさんも含まれるので、HPなどでリサーチして「商品のどんなところを推しているのか」を見極める必要があります。

また、その商品が自分の好みとは違ったとしても、「どんな人にとって必要な商品なのか?」を想像することも大切なポイント。

これは、コラムなど文章で伝えるときだけでなく、動画などで商品紹介をするときや化粧品販売をするときにも使える方程式なので、ぜひ覚えておいてください♡

美容家養成講座では、実際に3つのポイントを踏まえたコラムを執筆していただき添削をさせていただきます!
また、執筆者の価値についてもセルフブランディング講座で明確にしていくので楽しみにしていてください♡

【美容家養成講座の詳細はこちら↓】

【家で美容の仕事をはじめよう♡公式ラインはこちら↓】

 

中村 菜月

41,499 views

「家でオシャレに働く」をテーマに多数Webメディアにて執筆してます。 ▷美容メディア「MARLEE.web」運営 ▷日経xwomanで子育て×キャリアの情報...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。