「家で美容の仕事がしたい!」美容家・美容ライターどちらが向いてる?

美容家になる方法

家で美容の仕事がしてみたい!
と思ったときに、美容ライターか美容家か、はたまた別の活動が合っているのかと悩みますよね。

ただ、美容ライターは美容について発信するすべての人に必要なスキルだと思っていて、
たとえば口頭で説明するにも薬機法に留意しながら商品のよさを伝えなければなりません。

商品の魅力について伝える場合、ただ成分を紹介されても聞いてる方はチンプンカンプンですし
オンラインで活動するとなると、テクスチャーや色味など具体的に言語化できなければ伝わりません。

それを、中学生でもわかるように翻訳するのがライターです。
ライターとしてのスキルがあれば、美容を言語化して必要な人に必要な情報を届けることができます。

そのため、美容家として活動してみたい!
と思ったときに、まずは基本的な美容を伝えるスキルが必要だと思っています。

しかし、なかなか自分では判断が難しいところなので美容家養成講座の説明会では、美容の発信や経験などを考慮した上で必要なスキルアップ方法を提案します。

もしかしたら、その方に必要な講座が美容ライター通信講座や美容家養成講座ではない場合もありますので、一度ご相談いただけたらと思います!

【美容家養成講座の詳細はこちら↓】

【家で美容の仕事をはじめよう♡公式ラインはこちら↓】

中村 菜月

41,499 views

「家でオシャレに働く」をテーマに多数Webメディアにて執筆してます。 ▷美容メディア「MARLEE.web」運営 ▷日経xwomanで子育て×キャリアの情報...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。