「ただの美容好き」だからこそできる仕事がある。

新しい美容業界の働き方

「ただの美容好き」に、美容を伝える資格はないんじゃないか?
このようなご相談を多くいただきます。

私もめちゃくちゃ気持ちがわかるんですけど、何か新しい分野に飛び込むときは、何らかの資格を取得して自信をつけるってこともやってきました。

そのおかげで前に進めたこともありますが、資格は自分を「何者か」に変えてくれるわけではありません。
わかってはいるけど、自分の行動に対し、何かしらの根拠を得たかったんだと思います。

そんなふうに、背伸びしながら生きてきた20代。
百貨店の美容部員として入社したばかりだった私は、売上トップクラスの上司に言われたことがあります。

「まだ売り場を見慣れていないあなたは、会社の中で一番お客様の視点で売り場を見ることができるの。だから、分かりにくいところや気になったことを、私たちに教えてほしい。」

私は、早く先輩方のようにプロの美容部員にならなければ!
と思っていたのですが、「今の自分だからこそできる仕事があるんだ」と気づき、売り場のポップや陳列をお客様目線で考えるようになったのです。

あれから、何か新しく物事を始めるときは「今の自分にできることはなんだ?」と、背伸びをせずに考えられるようになりました。

新しいことを始めるときは、初心者の気持ちを一番理解しているのは自分です。
そして、その気持ちはプロになると思い出せなくなってきます。

それって、すごい強みじゃないですか?
プロよりできることは、絶対あるんだもの。

実績は、どうせ後からついてきます。
だから、今しかない視点をもっと活かしてほしいなと思っています。

【美容家養成講座の詳細・講座説明会についてはこちら↓】

【家で美容の仕事をはじめよう♡公式ラインはこちら↓】

中村 菜月

42,934 views

「家でオシャレに働く」をテーマに多数Webメディアにて執筆してます。 ▷美容メディア「MARLEE.web」運営 ▷日経xwomanで子育て×キャリアの情報...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。