本当の美しさとは?

心からキレイになる方法

そろそろ心理面が美容に影響する理由について書いてみようと思います!笑

 

私が最初の頃していたのが「コンプレックスを隠すメイク」です。かなりの脂性肌でニキビが多く自分の顔が嫌い過ぎて顔を引っ掻いて血だらけになったことがあります。その上目の小ささと鼻の大きさにもコンプレックスがありました。(全部じゃん笑)

 

そんなコンプレックスから「惨めになりたくない」ってゆう気持ちが悪い方に働き、スパイラルパーマやら金髪やらに行き着いたのは今や黒歴史。

 

当時の顔つきはかなりキツかったと思います。

 

コンプレックスは顔に大きく影響します。

目が小さいからと目を大きく見開いたり

歯並びが悪いからと笑わなかったり

 

性格は顔に出ると言いますが

昔の私のように強がってる人はキツい顔になり

イライラしやすい人は眉間に力が入った顔になり

いつも緊張してる人は引きつった顔になり

疲れている人は表情がなくなり顔がたるんできます。

 

そのような心理状態は生活習慣にも現れ、さらに肌や目鼻立ちを変えていきます。

 

顔というのは遺伝だけではなく、その人の心を表し後天的につくられます。

 

メイクやエステで美を維持する前に、そもそも土台が不自然では本当の美しさではないと思うのです。

 

 

本当の美しさとは、顔に無駄な力が入っていないその人本来の柔らかい表情。それを活かしたメイクであるから自分の魅力が伝わります。

 

なにより、見た目と中身が相反していると自分に合わない出来事ばかり起こるので無駄に疲れます。

その話はまたいつか!

 

つくられた美しさは、自然の美しさには適わない。

そんなお話でした🌸

 

 

 

 

natsu

11,431 views

元美容部員、エステティシャンとして勤め美容業15年目。集客、販売力で表彰され2000人以上のお肌のお悩みに関するアドバイスをするなど実績を残すも、仕事ファー...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。