仕事が途切れないWebライターになる方法

美容ライターの仕事

🔻音声で聴きたい方はコチラから

私は主に美容メインのWebライターをしておりましたが、独学ではじめたのでかなり手探りで遠回りしてきたように思います。

まだWebライターなどの副業ブームが訪れる前の時代にはじめたので、初心者でも仕事があったのですが

Webライターが認知されはじめると、徐々に「仕事が途切れるWebライター」に降格いたしました。笑

その間なんと半年以上、仕事がありませんでしたね。応募しまくっても全滅でした!

しかし、今では好きなメディアで記事を書いたりご依頼をいただくことも増え、ライターの講師をするまでになりました。

なぜ、ここまで安定してお仕事を頂けるようになったのかを振り返ってみたところ、「仕事の本質」を理解したからだろうなと思います。

仕事の本質とは「誰かの悩みや不満を解決すること」です。

仕事は全て、誰かの役に立っているから成り立っているわけです。

それをWebライターの仕事に置き換えると、読者が記事を読む理由は「悩みを解決したいから」ですよね。

てことは、「誰の悩みを解決する記事なのか」を考えて、必要な情報を提供できる人に仕事が入ってきます。

Webライターの仕事は、マニュアルがあり誰でもできる仕事で有名です。

しかし、マニュアルを見た時に「なぜこの構成を求められるのか?」「なぜこのテーマなのか?」「なぜ画像が必要なのか?」など、いちいち考えたことはありますでしょうか。

全て、読者のために決められたルールです。

だからこそ、執筆するときも「誰かのため」を思って解決に導ける人がクライアントの求めるWebライターなのだと思います。

natsu

28,396 views

「ママでも変われる美容とキャリア」をテーマに多数Webメディアにて執筆してます。 ▷美容メディア「MARLEE.web」運営 ▷日経xwomanで子育て×キ...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。