文字単価より「誰と働くか」を重視する♡

美容ライターの仕事

今週末まではちょっと忙しいナカムラです。ご無沙汰しております。元気です(*^^*)

今ではこうして定期的にお仕事をいただき、子育てしながらNetflix見ながら仕事をしてるわけですが

ホント最近までは、ちょっと詰め込みすぎていたように思います。

ライターとして、契約させていただいてた会社さんはいくつかあったのですが、ほぼほぼ解除させていただいたんですね。

理由は、もう「ライター」としてのフェーズは私の中で完了したように思えたからです。

だからといって、全て解除したわけではありませんし今後もご依頼があれば受けさせていただく事もあります。

現在、契約を継続している中には1文字1.5円(2000文字で3000円くらい)のメディアもあれば、1記事3万円ぐらいの企業さんもあります。

なので金額で選んでいるわけではありません。

「この人の力になりたい」と思えているかどうかで判断しました。

なぜなら、その気持ちが「いい仕事」を生み出すと思ったからです。

せっかく、心地よく働くために在宅ワークを選んでいるので心地よい人間関係の中で働きたいなと思いました。

人によっては、金額が高い方が心地いいと感じる場合もあるので、その基準は人それぞれですが。

どちらにしても、一旦いろいろなメディアや企業と関わってから、自分の基準で絞り込んでいくと心地よく働ける気がします。

ここからは私の話ですが、

今後は、ライターの活動を縮小して「働く人の支援」をしていくつもりです。

精神的な問題で働きづらい状態の方、変わりゆく時代についていけずキャリア形成が困難な方、人間関係や職場環境が仕事の妨げになっている方

さまざまな仕事の問題と、生きづらさを抱える人達のサポートをしていくため、まだまだ勉強することがたくさんあります。

「パソコンが苦手なのに在宅で働ける」ということも経験してみて分かったので、それも含めて可能性を広げられる存在でありたいですね。

美容ライターの講座に関しても、いずれどなたかにお任せしたいのですが、講師も受講者さんも収入に繋がる仕組みを作っていきたいと思っています。

引き続き、がんばります!

 

natsu

28,397 views

「ママでも変われる美容とキャリア」をテーマに多数Webメディアにて執筆してます。 ▷美容メディア「MARLEE.web」運営 ▷日経xwomanで子育て×キ...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。