Webライターのセカンドキャリアを考えてみた!

在宅ワークの働き方

🔻音声で聴きたい方はコチラから

こんにちは!中村菜月です( *ˊᵕˋ)ノ

今日は、Webライターから転職したい!とお考えの方へ、Webライターのセカンドキャリアについて考えてみました✨

Webライターをセカンドキャリアとして選んだ場合が多いかもしれませんが、やってみて「向いてないかな」「そろそろ次のステップへ行きたいな」と感じることは自然なことだと思います!

そんなときは、是非Webライターの経験を活かして転職をしてみましょう♡

①起業家さんの事務サポート
引き続き在宅で仕事をしたい場合、「オンライン秘書」「オンライン事務」のように起業家さんのサポート役に向いてると思います。

特に起業家のサービスを利用するお客さまとのやり取りでは、分かりやすく丁寧な文章を書けるので起業家さんの信頼度アップに繋がります。その他、文章を代わりに書いてあげることは起業家さんの時間短縮にもなり重宝されるかと思います♡

②自分で事業をはじめる
サポートする側ではなく、自分でサービスをはじめるときもWebライターのスキルは活かせます!

SNS、ブログ、LP、メルマガ、LINE配信など全てにおいて「伝わる文章」が必要です。
また、文章力がつくと説明する力も養えるので仕事だけでなく人としての信頼度もアップします♡

③ライター講師
私のようにライター講師をするのもおすすめです。
ライター講師に特別な資格はありませんが、ライターとしての実績が3年以上あると有利です。

ライターと同じような仕事に思えても教える仕事とライターは別の仕事です。
ライター業の本質を理解していないと難しい仕事ではありますが、教え方やモチベーションのあげ方など自分自身が成長する実感を味わえます。

日本にいれば文章はどんな仕事でも使う機会があるので、ライターの仕事は極めると活かせる場所が多くあります。

ライターの仕事を続けていくことだけでなく、今後のキャリア形成のためにライティングを強みにすると考えれば、どんな仕事でも頼りにしてもらえる存在になるかと思います♡

natsu

28,396 views

「ママでも変われる美容とキャリア」をテーマに多数Webメディアにて執筆してます。 ▷美容メディア「MARLEE.web」運営 ▷日経xwomanで子育て×キ...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。