Webライターのメリット·デメリット

美容ライターの仕事

4日間ぐらいスマホをプチ断食していたナカムラです( ´ ▽ ` )ノ笑 みなさまGWいかがお過ごしでしょうか♪♪

スマホで仕事が出来ると、無意識にずっと仕事をしてしまうのでたまにはお休みしてみた方が良さそうです!

しかし右手が勝手にスマホを探しはじめるので、スマホ依存は怖いですねー笑

さて!

今日はWebライターという仕事のメリット·デメリットを私の視点でお伝えしてみようかと思います。

【メリット】

①初期投資があまりかからない

Webライターはパソコンがあれば誰でも簡単に始めることができます。スマホでも出来る仕事はありますが、パソコンがあった方が仕事の幅も広がるのでパソコンだけは用意しておくとよいかと思います。

②好きな場所で仕事が出来る

上記のように、パソコンがあればできるので好きな場所で仕事をする事ができます。私のように現状家でしか働けない方や世界を旅しながら働きたい方まで自由なライフスタイルを送ることが可能な仕事です。

③自分の経験や資格を生かすことが出来る

Webライターは仕事の幅が広く、自分に合った仕事に出会いやすいです。たとえば私だと美容の仕事をしてきたことから美容ライターとして知識を活かすことができていますし、子育ての経験があればママ向けのWebサイトでライターになることもできます。そのように、今までの経験を活かすことで他のWebライターとも差別化できるようになります。

【デメリット】

①競合が多い

コロナ時代に突入したことで、Webライターはかなり増えたと実感しています。なのでこれからはただ「Webライター」とするよりも専門性を高めた方が良さそうです。

②単価が上がりにくい

Webライターは即金性が高いわりには単価があがりにくいです。なので私は実績を積んだら今より単価が高い媒体へ応募して乗り換える方法をオススメしてます。

③地道な努力が必要

なんでも地道な努力は必要ですが簡単にはじめられる分、自分と戦う場面が多くなってきます。検索したり画像を選んだりライティングをしたりと基本地味な作業なので嫌になることもあります。なので、身の回りはお気に入りのもので揃えて自分の機嫌をとりながら進めていくとよいかと思います。

 

30代あたりになると女性はライフステージに合った働き方を考える機会が訪れたりしますが、今の時代は誰もが考えはじめていると感じます。

Webライターは今後も増えていくと思うので、気になる方は1歩でも踏み出してみると世界の見え方がどんどん変わっていくかもしれません(^^)

natsu

11,428 views

元美容部員、エステティシャンとして勤め美容業15年目。集客、販売力で表彰され2000人以上のお肌のお悩みに関するアドバイスをするなど実績を残すも、仕事ファー...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。