Webライティングの基本【漢字/ひらがなの使い分け】

Webライティングの基本

ご好評いただいてるので続けております!Webライティングの基本編*॰ॱ✍

Webライター講師として良くお伝えしていることをご紹介しているコーナーでございますヾ(o´∀`o)ノ

今日は【漢字/ひらがなの使い分け】

ライターさんだけでなく、ブロガーもやってしまいがちなのですが

Webだとカンタンに難しい漢字が出せるので、やたらめった漢字で書いてしまうことがあります!!

これ、実はアウトなんですね。

Web記事って、読んでもらってナンボじゃないですか。

でも、パッとみ漢字が多いと読む気なくすんです。

Webだと頭を使うことが離脱につながります。なぜなら、みんなスマホに書いてある文章って「ながら見」であることが多いからです。

私もそうですが、子育てしながらテレビ見ながらWeb記事を読むことができます。(どれかひとつに集中できない人。笑)

てことで、Webライティングとしては読者さんに頭を使わせてはなりません。

なので、漢字/ひらがなの文量については漢字が3割程度であるのが読みやすいと言われています。

また、漢字にすることを「閉じる」

ひらがなにすることを「開く」

というのでこちらも覚えておきましょうね!*॰ॱ✍

natsu

17,532 views

元美容部員、エステティシャンとして勤め美容業15年目。集客、販売力で表彰され2000人以上のお肌のお悩みに関するアドバイスをするなど実績を残すも、仕事ファー...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。