「本当にやりたいことか」分からなくなったら

女性の働き方

やりたいと思っていたことでも、いざ取り組んでみると

「これって、ホントにやりたかったこと……?」

と思うことは幾度となくあります。

私も、美容にしか興味がなかったので美容業界へ飛び込みましたが、2年ぐらい経ってからモヤモヤしてしまったのです。

「この仕事、好きじゃないかもしれない。」

そう思って悩みまくった結果、美容から離れた職種につきました。

すると

「やっぱり、人と接する仕事がしたい」「女性をさらにキレイにする仕事がしたい」と思えたので美容の仕事に戻りました。

今回も実はそんな感じで

ライターの仕事ではなく、講師の仕事に集中していこうと思っていたのですが

いざ、ライターの仕事を辞めてみると

文章との距離が遠くなった!!寂しい!!😭

と思えたんです。

いや、そう思う前に気づけよと思われるかもしれませんが、「行動したあとに心がどう動くか」なんて、正確には分からないと思うんですよね。

なので、分からなきゃ動いてみればいいわけです。

「辞める」までしなくても、3日間距離を置いてみるプチ断食スタイルでもいいです。

とりあえず、動いて、感じ取る。

その連続が、理想的な未来に続くと信じています。

natsu

24,886 views

元美容部員、エステティシャンとして勤め美容業15年目。集客、販売力で表彰され2000人以上のお肌のお悩みに関するアドバイスをするなど実績を残すも、仕事ファー...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。