美容の仕事をする際に資格は必要?

美容フリーランサーの働き方

「美容の仕事をしたことが無いので資格をとったら肩書きになりますか?」

「どんな美容資格がおすすめですか?」

と、良く聞いていただくのですが皆様がどんな未来を描いているのかにもよります。

もちろん取得していないとなれない職種はあります。美容師、理容師、アイリストなどは美容唯一の国家資格である理容師免許・美容師免許が必要です。

ネイリストだと民間資格ではありますがJNAの認定資格があると就職に有利ですが

その他の職種は、未経験でもはじめられるかと思います。

私もいくつか美容資格を持っていて、半ば趣味のように講座や試験を受けることが好きなのですが

その中でどうやって取得する資格を選んでいるかというと基本的には「どうなりたいか」を想像して、そのために必要であれば取得します。

例えば、実技を身につけたいのであれば実践できる講座を選んだり知識だけ身につけたいのであれば動画やテキストで学べる講座を選んだりします。

しかしそこまでなりたい姿が最初からハッキリしてる人って少ないですよね。

私も「好きなことを活かした仕事が出来ないかな」と考えたときに、1番初めに取得したのが「メディカルアロマインストラクター」という資格でした。

心理学とアロマとハーブと基礎医学とボランティアなどなど、色んなことを学べるような資格なのですが

その中で、やはり心理学やカウンセリング力をもっと身につけたいなと思い産業カウンセラー資格を取得しました。

とはいえ、今は産業カウンセラーという肩書きで活動しているわけではありませんが、講座でのセッションでは度々カウンセリング力が活かされてるなぁと感じます。

資格は、もしかしたら自分が思ってるような形では活かされないかもしれません。

でも必ずその学びはどこかで繋がってくる日が来ます。

学びや経験は裏切りませんから、どんどん勉強しましょう(^^)

natsu

14,189 views

元美容部員、エステティシャンとして勤め美容業15年目。集客、販売力で表彰され2000人以上のお肌のお悩みに関するアドバイスをするなど実績を残すも、仕事ファー...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。