家庭と両立して在宅で働く♡美容の仕事3選

新しい美容業界の働き方

「在宅で美容の仕事はしたいけど、文章が苦手!」と、ご意見をいただくことが多いのですが、在宅でできる美容の仕事は美容ライターだけではありません♡

美容の仕事を15年ほど続けている中で、時代と共に美容業界の働き方が変化しているなぁと感じています。

今回は、未経験の方から美容の専門家まで様々な働き方をご紹介したいと思いますので、ぜひ「どんな働き方が理想かな?」とイメージしてみてください♡

①美容ライター

美容ライターは美容の記事を書く仕事です。
おすすめのコスメを紹介したり、依頼を受けた商品の紹介をしたり、取材に行って執筆することもあります!

美容ライターは在宅で好きなときに仕事ができるので、現在も続けさせていただいているお仕事の一つ。
出産を機に美容の仕事を退職した私にとって、「こんな働き方があるんだ!✨」と衝撃を受けたことを今でも覚えています♡

②自宅サロン開業

実はナカムラ、新築の家を購入した頃は自宅サロンを開業したいと思っていたのですが、コロナ時代に突入したことや「別のところで店を持て」と夫に言われ断念したお仕事です♡笑

今の時代、エステ、ネイル、美容師など元々サロンで働いていた方だけでなく、「得意」を活かして自宅サロンを開業される方が多い印象です!

たとえば
・ヘアセットが得意な方のヘアアレンジサロン
・マッサージが得意な方のアロマトリートメントサロン
・メイクが得意な方の似合わせメイクサロン
など、資格がなくてもできる仕事はたくさんあります!

SNSやブログなどを活用して集客も行えますし、友達を呼んで小さくはじめてみると人気サロンになるかもしれません♡

③美容専門家

資格や経験を活かして専門家として活動することで、記事の監修依頼や美容専門家としてアドバイスをするなどお仕事が入ることがあります!

また、独自性を活かして美容のレッスン講師として開講したり、専門家としての講座依頼が入ることも♡

美容専門家にも資格はありませんが、ブランディングをして「何の専門家なのか」を明確にしておくことが仕事の方向性を決めるためには大切です。

SNSが得意であれば、美容インフルエンサーとして活躍するのもいいですね!
メディアを育てて有名になれば、webや雑誌、テレビなど出演をするチャンスもあります✨

どのお仕事も、副業としてはじめることも起業して活躍することもできる働き方です!
ぜひライフスタイルに合わせてできるところからチャレンジしてみてください♡

中村 菜月

30,954 views

「家でオシャレに働く」をテーマに多数Webメディアにて執筆してます。 ▷美容メディア「MARLEE.web」運営 ▷日経xwomanで子育て×キャリアの情報...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。