ワセリンが合わない方必見!ワセリンの選び方と使い方

スキンケア

ワセリンいいよーって話を良くしていますが、私ワセリン合わなかったーって方もいると思います。実は私もワセリン合わないと思ってた人です。

ワセリンを使うと唇の皮が剥けたり、ただベトベトになったり、全然保湿されてない感じがして遠のいてたんですよね。

でもちゃんと使いこなせるようになったのは息子がアトピーになってからのこと。子供へのスキンケアの中で本当の使い方を知ったわけです。

最初に挫折したのは「ヴァセリン」を「ワセリン」だと思い込んでたこと。「ヴァセリン」とはユニリーバ・ジャパンの商品名でワセリンと別物です。

ヴァセリンは中高生の中でも流行ってリップとして使ってた方も多いと思います。ワセリンは一般的に白色ワセリンのことを言うのですがヴァセリンは黄色ワセリンです。

どう違うのかというと、ワセリンには黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトの4種類あり黄色ワセリンは1番不純物が多く純度が低いので敏感肌さんには合わない方が多いです。

黄色ワセリンの純度を高めたものが白色ワセリン。ドラックストアにも置いてあり、私も使ったことがあるのですが、こちらでも私は皮むけが生じてしまいました。しかし敏感肌さんにも使えるタイプらしいです。

私はここでワセリン=合わないと決めてしまったのですが、息子のアトピーで処方されたのが白色ワセリンをさらに純度高めにした「プロペト」というもの。

こちらも調べたら医療機関以外でも普通に買えるみたいです!

私はこのプロペトに出会って「ワセリンめっちゃいいじゃん」と思えました。なのでワセリンが合わない方はプロペトかサンホワイトを購入されるといいかと思います。

そして使い方ですが、お風呂から上がって顔の水分をタオルで拭き取ってから使用するのではなく、水分が少し残った上からワセリンを塗ってみましょう!

なんだかベタつきが緩和され、しっとり感が出るんです!

ちなみに脂性肌の方は小指の爪分ぐらいで足りますので、量はお肌の状態に合わせてください✨

これで大体の人はワセリン合うはず!笑

やっぱダメだわーって方は連絡ください!他の方法教えます????????????

natsu

17,531 views

元美容部員、エステティシャンとして勤め美容業15年目。集客、販売力で表彰され2000人以上のお肌のお悩みに関するアドバイスをするなど実績を残すも、仕事ファー...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。